購入前によく読もう!通販サイトの利用規約

日本国内ではバイアグラは処方箋さえあれば薬局で手に入れることができます。日本製のバイアグラは1錠あたり1,500~2,000円程度となっていますが、保険の適用外であるため、薬代は全額自己負担しなければなりません。病院での診察代を含むと1万円を軽く超え、まとまった費用の負担となります。
バイアグラを服用している人の中には、高額な日本製のものを避け、外国製のものを購入する者も多くいます。外国製のバイアグラは通販サイトを通して個人輸入という形で購入することになりますが、この方法で手に入れる場合に目を通しておきたいのは、通販サイトの利用規約です。
通販サイトの利用規約では、主に通販サイトの会員となった場合に会員として遵守しなければならない事項が記載されていますが、外国製の医薬品を取り扱う通販サイトには、必ず「医薬品の個人輸入は購入者本人の自己責任である」という記載があります。具体的には、購入する外国製医薬品について効能や副作用、注意事項について理解していることや、個人輸入した医薬品を他人に譲渡・販売をすることは法律で禁止されていること、法律で規制されている成分が含まれている医薬品を個人輸入しても通販サイトの運営会社への責任追及や補償請求はできないこと、個人輸入した医薬品の服用で副作用が発現した場合に救済が受けられないおそれがあることなどを記載した上で、これらを認識した上で通販サイトを利用しなければならないという内容が記載されています。
医薬品を扱う通販サイトは日本の薬事法を遵守して運営されていますが、通販サイトの会員も薬事法を遵守して利用することが求められています。個人輸入した医薬品は正しく取り扱わなければ法律違反で罰せられる可能性があるので、必ず法令は順守しましょう。